いつも something new !
いつも something new !
いつも something new !
いつも something new !
いつも something new !
Slider

商品一覧

木製漆器

独楽文様(こまもんよう)

独楽ライン

漆切子(うるしきりこ)

嵯美(さび)

銀嵯美(ぎんさび)

カップコレクション

珈琲箱

茶筒

ぐい呑み

ワインカップ

飯器

お重・弁当箱

茶托・皿

菓子器

木質・樹脂

独楽文様(こまもんよう)

独楽ライン

もてなし

銀彩

金と銀

盆/膳

弁当箱/重

盛鉢

箸置き

コレクション

卓上小物

珍味入れ

夢工房なかでについて

夢工房なかで は昭和10年(1935)石川県江沼郡(現 加賀市)山中温泉にて、塗師(初代 勇次)として就業し、昭和23年(1943)同地におき漆器製造卸「中出勇次漆器店」を創業開始、
それを母体として現在に至ります。

いつもsomething new! をモットーに、常にお客様に対し、他とは違う何か新しいモノや情報を提案・発信し、使って楽しく心が豊かになるような漆器の創作を目指しております。

何かとは?  和の伝統美と洋の艶やかさ、すなわち400年も昔から伝えられた轆轤技術による伝統漆器(木製)から、カジュアルに使え伝統技術によって培われた形や色の美しさを
表現した新感覚の近代漆器(樹脂))まで、素材にこだわらず、ライフスタイルにマッチしたmonoは何かを創造していくPowerである。

普段づかいしたくなる「色気」のある器を追及しています。
四季や生活のリズムに合わせて、いつでも新しさが感じられる“Something New”の商品づくりにこだわっています。

夢工房 なかで 代表

中出 克人

NAKADE KATSUHITO

受賞歴

1986年山中漆器総合見本市において、通商産業局長賞受賞
1992年山中漆器総合見本市において、石川県知事賞受賞
1993年山中漆器総合見本市において、2 年連続知事賞受賞
1994年日本クラフト展初入選、以後連続入選
1995年全国漆器展 日本経済新聞社賞受賞
1998年全国漆器展 林野庁長官賞受賞
1999年東京ドームテーブルウェア・フェスティバルに初出品
同オリジナル部門 優秀賞受賞
2000年同フェスティバルに出品 2点入賞
以後、連続入選
2008年同フェスティバルに出品 優良賞・審査委員長賞受賞
2015年同フェスティバルに出品 優秀賞受賞
全国漆器展 生活用品振興賞受賞
2016年東京ドームテーブルウェア・フェスティバル2016 招待コラボ展示
2017年全国漆器展 経済産業省製造産業局長賞
2018年いしかわ伝統工芸フェア準グランプリ受賞
中部経済産業局功労賞受賞
2019年東京ドームテーブルウェア・フェスティバル 入賞
2020年第55 回全国漆器展 経済産業省 製造産業賞受賞

店舗のご案内

外観風景

会社の沿革

昭和10年石川県江沼郡山中町東桂木町に於いて
塗師(初代 勇次)として就業
昭和23年同上所在地に於いて個人商店
中出勇次漆器店として漆器製造卸問屋営業開始
昭和41年現在の石川県加賀市別所漆器団地9-1 に社屋移転
昭和57年有限会社 中出漆器店 を設立
平成7年代表取締役社長に中出克人が就任
平成18年新社屋・見本室完成、
屋号を「夢工房なかで」とし現在に至る

店内風景

アクセス

住所石川県加賀市別所町漆器団地9の1
電話0761-77-2036
備考営業時間 10:00-18:00
定休日 毎週土・日曜日、祝祭日

お知らせ

2021 年2月5日(金)~14日(日)
ニュース
テーブルウェア・フェスティバル2021 ONLINE〜暮らしを彩る展〜に出店しています
詳しくはこちら
2021 年2月1日(月)~28日(水)
ニュース
いしかわ伝統工芸フェア2021 
24 時間検索が可能・会期限定開催